2018/12/05 04:41

 東京の池袋サンシャインシティで十六~十八日に開かれた「第九回ニッポン全国ご当地おやつランキング」(全国商工会連合会主催)で、サツマイモを二度熟成させた県代表の「へんないも」(湖南市)が、三位に輝いた。製造する「へんないも屋」代表の社(やしろ)博之さん(57)が二十六日、谷畑英吾市長に報告した。

写真

 へんないもは、収穫後に二カ月以上寝かせたサツマイモを焼き、さらに低温で一週間熟成させて、麦芽糖に変わるでんぷんの量を最大限にした焼き芋。糖度は一般的な焼き芋の三倍以上で、赤ちゃんからお年寄りまで食べられるほど軟らかい。開発した二年ほど前、試食した谷畑市長が、その口溶けの良さに「変なイモやなあ」と言ったことから商品名になったという。

 社さんは「まさかの栄誉。支えてくれた県商工会連合会や市商工会の皆さんに感謝したい」と笑顔。「今はまだ少ないが、地元産のサツマイモをたくさん使えるよう、農家の方々と連携していきたい」と意気込んだ。谷畑市長は「万人受けするので、海外でも売れると思う。湖南市のこれからを背負う名産品として、期待しています」と祝った。